FileMaker WebDirectで開けない!? 要注意なバージョン

 

とある日、FileMaker WebDirectでファイルを開こうとすると・・・

あれ? 真っ白?

 

ログインのためにアカウント・パスワードを入力する画面が出てこない!!

FMServer_Sampleであれば、画面がすぐ表示されるはずなのに、それも真っ白。

FileMaker Serverを再起動させたり、サーバー機の再起動もかけましたが、変化なし・・・

打つ手がなく、FilreMaker社に問い合わせをしました。

 

FileMakerのナレッジベース

・「Java 8 Update 151 への更新の後、WebDirect の描画に失敗する」

・「FileMaker ServerとJava – 概要とトラブルシュート」

上記を教えていただきました。

 

原因は、ズバリJavaでした。

 

 

(Javaは、FileMakerServerで、以下のコンポーネントに使用されているプログラミング言語。

・FileMakerServerのAdministration Console

・Admin Server

・Web 公開エンジン )

FileMaker WebDirectの描画に失敗しているというのが事の真相でした。

Windows版のFileMakerServerに置いて、Javaの更新がされた場合にこのような現象が起こるようです。

 

 

使用していたFileMakerServerのバージョンが16.0.1

推奨されているJavaは「Java 8 Update 121」でした。

サーバー機のJavaは「Java 8 Update 161」、、、描画に失敗するわけです。

原因がはっきりして一安心。

この現象の解消に、2つの選択が迫られました。

1つは、Javaのバージョンを落とす事。

もう1つは、FileMakerのバージョンを上げる事。

 

 

今回は、FileMakerのバージョンを上げる事を選択しました。

幸いにも、「Java 8 Update 161」を推奨しているFileMakerServerのバージョンは、16.0.4でした。

 

FileMakerServerのアップデートで問題が解決しました。

 

 

FMServer_Sampleの画面も表示されるようになりました。

FileMakerServer16からFileMakerServer17へのアップグレードだと時間がかかってしまうので、正直助かりました。

 

FileMakerServerのアップデートにも注意点があります。

デフォルトのCドライブ以外のドライブにFileMakerServerをインストールさせていた場合、PHP接続ができなくなります。

FileMakerServerのアップデートでデフォルトにPHPの設定が書き換わってしまうようです。

PHP カスタム Web 公開を設定している場合は、FileMakerServerのPHPの構文を書き換える等の調整が必要となります。

 

 

FileMakerのバージョンだけでなく、Javaなどの使用している言語のバージョンも確認していく必要があると、身に沁みました。

皆様もお気をつけください。

 

 

ご覧いただきありがとうございました。