初心者にもわかるファイルメーカーの
使い方

「非保存計算フィールドを見せたい、検索したい」

2020-03-11 |  

どうも、岩崎です!
今日の テーマ はこれです!

「非保存計算フィールドを見せたい、検索したい」

非保存計算フィールド、便利ですよね。
あまりに便利すぎて、一つのソリューションに3万個くらい非保存フィールドを作ってしまうのはよくあることです・・・。
しかし、非保存計算フィールドは索引を持てず、検索対象にするととてつもなく、時間がかかります。
なおかつ、表示のたびに再計算するので、リストレイアウトなどに表示するととても重たいですよね。

どうにか非保存フィールドに索引を持たせて・・・しかも軽くできないか・・・。
ということで、やってみました。

よくある、三階層の見積もり書です。
見積もり => 大項目 => 明細 となっております。

大項目名の横にある明細数が・・・

こんな感じの非保存計算フィールドです。
フォーム形式で見せる分にはまだ、問題なさそうですが、リストにしてこれを見せるとカックカクでとても扱えたものではありません。

そこで・・・

二つのフィールドを作ってみました。
「非非保存計算count」非保存でないということなので非非保存です。
not isEmpty = 0 みたいですね。
フィールド内容はこんな感じです。

flg_kick は、ただの何もないNULLのテキストフィールドです。
つまり、見積もりの確定時にこの flg_kick に対して適当な値(0とか)を挿入するだけで、この非非保存計算countが自動的にcountをコピーしてくれる、という仕組みです。

flg_kickは一つだけでいいので、非保存の計算フィールドと計算値フィールドを二種類作るだけで、索引を持った軽い非保存計算フィールドの完成です。

注意点としては、必ず フィールド設定 でflg_kickをキックすることを忘れないようにしてくださいね・・・計算されません・・・。

ではでは、よきFilemakerLifeを〜〜〜。