初心者にもわかるファイルメーカーの
使い方

SQL文のIN句にて失敗した話

2020-05-26 |  

こんにちは。服部です。

今回ですが最近FileMakerでSQL文を利用する際にIN句を利用し、書き方を間違えてしまった話をさせていただきます。

まず私のtipsで初めて登場するIN句ですが、こちらはSQL文の「Where」部分の条件として利用できるものとなっております。

INの中に入っている語句が含まれているレコードを取得してくるものとなっております。
IN句の便利なところはIN句1回で「複数の語句が指定可能」な点が非常に便利です。

ということで使用していたわけですが、なぜか結果に「?」が出てくる…
なぜだ?ってなり、確認したところ

年齢を取得する際に「’」が見事に抜けておりました
($年齢は’12’,’23’になるように取得しなければならない)

本来はこのように固定の値ではなくスクリプト内などで取得した数字をこの形に直す(Substituteなどを利用する)ようにするとその都度このフィールドで調べたい値でSQL文が使用できます。

本来の形は直上の図の形になるようにする必要がありました。

SQLはこんな感じになっております。
INの$年齢の中に先ほどの「’12’,’23’」を入れ込むと取得が可能になっております。

意外とこういう部分が作成している際に頭からすっぽ抜けてしまうことがあると思うのでご注意をと言ったところで今回は終わらせていただこうと思います。

閲覧いただき誠にありがとうございました。