初心者にもわかるファイルメーカーの
使い方

FileMaker 認定資格試験対策 備忘録

2020-06-16 |  

こんにちは、FM課 日壁です。

皆さんはFileMakerの認定資格をお持ちでしょうか?
恥ずかしながら私は取れておらず、課員と一緒に本腰を入れて試験対策をしようと思います。

今回のブログは対策を取った履歴と備忘録として残せたらなと思います。
まずは、FileMaker認定資格に関しての基本情報です。

https://www.filemaker.com/jp/learning/certification/

上記が公式のHPとなります。

“この資格認定を取得すると、FileMaker プラットフォームでの開発に不可欠なレベルの知識、経験、スキルを習得したことを、お客様や同僚、経営陣に実証することができます。”

このようにHPには書かれており、エンジニアとしてスキルや実力をわかりやすく見える化させる事が目的の一つであるようです。
そのほかにもFileMaker認定ロゴが使用できるようになったり、パートナーであれば優先的にWebサイトのリストに掲載してもらうことができるようです。

2020年5月時点で受けられる試験はFileMaker17および18の認定があるようです。
今回はFileMaker18の認定資格ガイドを参考に準備を進めていきます。

また、資格試験に際し、”ピアソンVUE”への登録が必要になります。
ピアソンVUEは各地に認定試験の会場を持ち、登録されている試験会場であれば日付を予約することでいつでも試験に挑めるサービスです。
皆さんの近くにも登録会場があるかと思いますので、ピアソンのHPより会場検索してみてください。

また、FileMakerの資格試験は選択方式で、英語または日本語で受験することができます。
次回からは認定資格ガイドを参考にFileMakerの機能や要件を確認していきます。

to be continued…